MENU

関節リウマチが起こるしくみ

関節リウマチの炎症はサイトカインによって引き起こされます

関節リウマチが起こるしくみ

関節リウマチの患者さんの体の中では、「炎症を起こしなさい」という情報を伝える“サイトカイン”というタンパク質が過剰につくられています。
図:関節リウマチが起こるしくみ
  • このサイトカインは、炎症にかかわる細胞の表面にある“受容体”という部分にくっつきます。
  • サイトカインが受容体にくっつき、「炎症を起こしなさい」という信号が細胞の中にある“核”に伝えられることで、炎症が起こります。
  • サイトカインが過剰につくられます。
図:関節リウマチが起こるしくみ

生物学的製剤の作用

TNF-α阻害薬やIL-6阻害薬は、サイトカインや受容体にお薬がくっつくことによって、サイトカインが受容体にくっつくのを防ぎます。
図:生物学的製剤の作用
埼玉医科大学総合医療センター リウマチ・膠原病内科 教授 天野 宏一先生

オルミエントは、従来の抗リウマチ薬(メトトレキサートなど)や生物学的製剤(TNF-α阻害薬やIL-6阻害薬など)とは異なる新しい作用を持つ、「JAK(ジャック)阻害剤」と呼ばれるお薬です。