MENU

作用のしくみ

オルミエントは、関節の炎症を引き起こす信号をブロックします

オルミエントは、従来の抗リウマチ薬(メトトレキサートなど)や生物学的製剤(TNF-α阻害薬やIL-6阻害薬など)とは異なる作用を持つ、「JAK(ジャック)阻害剤」と呼ばれるお薬です。

オルミエントの作用

図:オルミエントの作用オルミエントは、サイトカインが受容体にくっついても炎症を引き起こす信号が細胞核に伝わらないように、信号の経路をブロックするお薬です。細胞核に信号が伝わらないことで、炎症や関節破壊の進行が抑えられます。さらに、関節の痛みやこわばり、倦怠感といった自覚症状を改善する効果も期待できます。

オルミエントはこのようにJAKを使って炎症の信号を伝える様々な受容体にサイトカインがくっついても信号が伝わらないように作用します。

図:オルミエントの作用

だから炎症や関節破壊の進行がおさえられるのです。

さらに、関節の痛みやこわばり、倦怠感といった自覚症状を改善する効果も期待できます。

埼玉医科大学総合医療センター リウマチ・膠原病内科 教授 天野 宏一先生

オルミエントは、炎症の信号を伝える経路のひとつである「JAK/STAT(ジャック・スタット)経路」をブロックすることで、サイトカインが受容体にくっついても炎症を引き起こす信号が細胞核に伝わらないようにします。

服用方法